ドトールコーヒーショップ 吉祥寺ダイヤ街店

最近おすすめの漫画。


モブサイコ100。


この漫画、地味だけど超能力が使える主人公中心に話が進んでいく。


超能力が使えるという点で言えば、とくに目新しさはないが、超能力は話の中心ではなく、超能力という媒介をつかって、人間の心理描写、ギャグを実によく描いているのだ。


普通、超能力、なんてものを使ってしまうと、超能力のすごさが際立ってしまいがちだが、超能力を通して人間の劣等感や、成長をみせてくれるので、キャラクターがすごく魅力的だ。


とりわけ、全く超能力を使えないのに師匠と呼ばれているキャラクターがいるが、話が進むにつれて、本当にこの人がカッコ良く思えてくるから不思議。


作者のONEという人はほかにも「ワンパンマン」という漫画を描いているがこちらもおすすめ。


「アイシールド21」などで作画を担当した村田雄介氏が、新たに作画を担当し、隣のヤングジャンプというインターネット上での連載をしている。


 モブサイコ100もワンパンマンも単行本が出ているんだが、家で読むよりカフェで読みたくなる。


というより、買って家に帰るまで我慢できない。


だからいつものドトールに寄って、カフェオレ飲みながら、じっくり漫画鑑賞するのだ。


居心地いいからね。


武蔵家中野本店

すごく腹がへった、というのはいつもの話、いつもの昼なのだけど今日は我慢ならず。


米×ラーメンのコラボが求められ、自然家系に足を向けることとなった。


ライスがおかわり自由、しかも無料というのは素晴らしい。


最初はいつものように「かため、うすめ」で頼んだのだけど、濃い味がたべたくなり「すいません味普通で!」と訂正。


で、早めに出てきたライスを食べているうちにラーメンがご到着。


まず、麺はやや太いがちょうど良い印象。


固め指定だとやや固過ぎるという可能性もあるかも。


麺の注文て難しいよね。


特に家系だとどうしても細かな指定があるので初めて訪れた店舗では苦労することも少なくない。


ここ場合は普通か柔らかめの方が美味しいんじゃないかな。


まあそれも好みですがね。


味は基本的にはあまり濃くはない。


食べやすい、ライトユーザー向けという印象を持ちました。


武道家の薄目よりさらに薄い。


しかしアク取りが良いのか嫌な風味とかエグミのようなものは皆無に近く、非常に飲みやすい。


ゴクゴク行けるスープだ。


ラーメン自体はやや少なめも米と一緒ならかなりお腹は満たされる。


家系にしてはサラッとした印象。


食べやすい。


またどうしてもお腹が減った昼にお邪魔します。


福しん中野店

いつもレンガ坂を通っている。


中野駅南口から徒歩1分の短い商店街には飲食店が並びその名の通りレンガ色の坂。


ちょっといい感じだ。


古くからある定食屋や新興居酒屋が並ぶ中ひと際目をひくのが福しんのあの青い看板。


おしゃれなバルや、立ち飲みやの並ぶ中、当然のようにそこにあり、いつも混雑している。


今日はどうしてもラーメンが食いたく、とは言え気合いの入った家系とか変わり種は御免被りたかったので福しんをチョイス。


手もみラーメンに味玉を付ける。


とメニューもごくごくシンプルにした。


魚介トンコツだの、節系×動物系Wスープだのなんだのと言うラーメン屋は最近多い。


まあ美味しい店も当然多いが、どうよ。


ラーメンてそんな気合い入れないでも良いものじゃないか。


1000円払ってお釣りがこないようなものは年に一度食えればいい。


俺はいつもの醤油が食いたいのだ。


で、さすが福しん。


いつも、って前に食ったのは数年前だが期待を裏切らない超安定した醤油ラーメン。


スタンダードな味は誰でもおいしく食えそうだ。


味玉もうまかった。


あと、福しんが良いのは席がそこそこ多いので回転を気にせず食べられること。


せっかくなのでビールジョッキも注文。


飲み屋で頼むよりやすいじゃないか! 今後福しん飲みもあるやもしれませんぞ。


ワイアードカフェダイニングラウンジ六本木ヒルズ店

ワイアードカフェは何軒か行ったことあるけど、ここはさすが六本木ヒルズ、優雅さが違う気がします!ゆったり感もすごくあるし、テーブルや椅子の配置もランダムでおしゃれなんですよね。


規則的に並んでるんじゃなくて、アート作品みたいに配置されてる、と言ったら言い過ぎでしょうか。


お店にたどり着くまでがけっこうわかりにくくて、警備員さんに3回くらい聞いてやっと辿り着きました。


ヒルズに来たらせっかくなら上のほうの階のお店がいいなと思いながら待ち合わせて行ったんですが、地下2階だけど開放感があって外の光が入ってくるので、またもや「さすがヒルズ」と思ってしまいました。


そしていよいよ注文です。


サーモンマリネとデミグラスソースのハンバーグを注文してシェアしました。


ハンバーグが人気らしいんですが、ベーシックなかんじで気取ったカフェっぽくいろいろふりかけてあるやつじゃなく、意外にも洋食屋さん系です。


食べる人を選ばない味でしょうね。


付け合わせもクラシックな野菜が盛り合わせられてます。


ワイアードカフェはけっこうドリンクのサイズが大きいのが嬉しいところ。


アイスコーヒーはわりと苦みが利いていて、でもくどくなくあっさりして飲みやすかったです。


ググッと飲み干してしばらくゆっくりさせていただきました〜!

ミスタードーナツ新宿靖国通りショップ

深夜かなり遅い時間だが細かい時間は分からない。


時計は持っているし携帯もスーツのポケットには入っているのだが、時を計るという能力が欠如していた。


それはそうだ、キャバクラで3時間も遊び散らかしたのだから。


そしてなぜか俺たちは歌舞伎町から外れたミスドに入った。


コーヒーとオールドファッションが目の前に並んでいる。


 友人がこの度結婚することとなり会場に来られない人からビデオレターをもらうことにした。


これ文字にすると数行だが「撮る」ことも請け合うとめちゃめちゃ大変だ。


と、言うのもあっちこち行ったりしないといけないし編集もあるし。


しかも今日ははるばる地方から友達に来てもらい、まあそれゆえのキャバクラとなったのだ。


って、もうビデオレター関係ないじゃん! とりあえずこの後どうする?と俺たちは腰を落ち着けるべくミスドへ。


こんな時間でもたくさんのドーナツが迎えてくれるのだから世界はなかなか幸せにできているな。


コーヒーを頼み着席。


2人とも虚ろだったが回復する。


もう終電はないことと、あとそう言えばビデオレターを撮影してないことだけが気がかりだが、友人が寝てしまったので俺は今こうやって文章を綴るしかないのだ。


それにしてもオールドファッションは酔った後の口によく合う。


サックリ美味しい。


相模原 居酒屋 焼き鳥なら